忌中・喪中・年忌法要タイトル一般葬(個人葬)準備通夜・葬儀・告別式葬儀後の手続き臨終と手続き
 

■■■忌中■■■

 

 忌中とは、ご命日から来世が決まる四十九日までの期間をいい、その間、中陰供養を執り行います。中陰供養は、ご命日から数えて七日毎に行う法要で、四十九日までありますが、初七日・五七日・七七日忌などが重要で、僧侶にお経をあげて頂きます。

法要
名称
ご命日から数え
法要
中陰供養
お逮夜(おたいや) 六日目  
初七日忌(しょなのか) 七日目 近年、繰り上げ初七日が多くなりました
二七日忌(ふたなのか) 十四目目 身内のみの法要が多い
三七日忌(みなのか) 二十一日目
四七日忌(しなのか) 二十八日目
五七日忌(ごしちにち) 三十五日目 大規模な法要を行う宗派もあります
六七日忌(むなのか) 四十二日目 身内のみの法要が多い
七七日忌(しちしちにち) 四十九日目 僧侶、親戚と共に忌明け法要を行います

 

 

 * 初七日法要

  ・初七日法要は、ご葬儀後、最初(ご逝去後七日目)に執り行う大切な供養です。
・僧侶にお経をあげて頂き、故人のご冥福を祈ります。
 *一日早い六日目に行う(お逮夜の重視)地域もあります。
 *近年、初七日法要は、ご葬儀と連続して行う繰り上げ初七日が多いようです。
  ご位牌とお仏壇について

 

 

 * 四十九日法要(納骨)の準備

 

1.お寺さんへ連絡し、日程を打ち合わせます。
 *忌明けに近い日曜日で、時間は午前11時がもっとも良いでしょう。
2・会場・日時が決まりましたら、出席を願う方々へ連絡します。
 *ご住職が会食に同席されるか確認します(同席の場合、お食事を用意)。
3.ご住職に、ご本尊様の開眼供養、新仏様の本位牌、ご位牌入魂の
  ご供養を依頼します。
 *争土真宗は過去帳(既に仏壇の中にあるものはそのままでよい)
4.祭壇の為の御供養物、生花等の準備の有無を問い合わせます。
5.卒塔婆の申し込みをします(浄土真宗は必要ありません)。
6.法要後に会食を執り行う場合、会場の手配をします。
 *新仏様の陰膳のご用意と、ご挨拶文の準備を忘れずに。
7.寺院・石材店へ連絡します(四十九日忌の当日に納骨をされる方)。
 *石材店には、墓石などに刻む戒名等も連絡します。
  四十九日法要(納骨)当日に必要な物

忌中・喪中・年忌法要時のお気持ち ※弊社をご利用頂きました(火葬のみプラン・一日プランを除く) ご遺族様には、四十九日が近付きましたら、お気持ちとして《生花ギフト券》を贈らせて頂いておりますが、ご不要の際は事前にお申し付けください。
 

 

 

 * 四十九日法要・忌明け法要

 

・四十九日法要(七七日忌)にて中陰供養は終了し、忌明け(満中陰)となります。
・四十九日法要(七七日忌)は、三十五日目(五七日忌)に行う場合もあります。
・式次第は、僧侶入場→ ご遺族代表挨拶→ 読経→ 焼香→ 法話→ 会食などです。
 *近年、四十九日直前の日曜日などに執り行う事が多くなりました。
 *ご自宅では、四十九日法要(七七日忌)法要終了後、中陰壇忌中札・神棚隠しを外します。
 *三十五(サンジュウゴニチ)を忌明けとする場合もあります。
 *四十九日(忌明け)後、初めて迎えるお盆を〈新盆〉といいます。
お気持ち:新盆提灯 
※弊社をご利用頂きました(直葬プラン一日葬儀プランを除く) ご遺族様には、忌明けが過ぎてお盆が近付きましたら、お気持ちとして《新盆提灯》を贈らせて頂いておりますが、ご不要の際は事前にお申し付けください。

 

 

 * 納骨

  ・ご自宅に安置するご遺骨は、四十九日又は百ヶ日法要の後、納骨の義となります。
・或いは、遅くとも一周忌までに納骨します(一周忌に納骨される場合もあります)。
・納骨には、火葬済みの証明印のある埋葬許可証と、印鑑が必要です。
・納骨式には親戚・故人と親しい方に出席をお願いし、僧侶にお勤めして頂きます。
・線香・ローソク・花等を用意しますが、宗派で異なります(僧侶にお訪ねください)。
  お墓・預骨について

 

 


 

■■■喪中・年忌法要■■■

 

 喪中とは、故人が亡くなられてから一年後の命日までの期間で、この喪に服す間、ご遺族は慶事・祭礼などへの出席を差し控えます。年忌法要は中陰供養後に執り行うご供養で、下表のように営まれ、百カ日・月忌法要などが重要とされます。

法要
名称
亡くなられた年から数え
年忌法要
百カ日
100日目
一周忌
1年目
三回忌
2年目
七回忌
6年目
十三回忌
12年目
十七回忌
16年目
二十三回忌
22年目
二十七回忌
26年目
三十三回忌
32年目
五十回忌
49年目
百回忌 99年目
 *正式な年忌法要は故人のご命日に行いますが、変更する場合はご命日より早く行います。法要当日にはお墓・仏壇をを掃除し、線香・ローソク・お花も準備します。お寺様に連絡し、塔婆も用意して頂きます(浄土真宗以外)。三十三回忌または五十回忌を年忌止めとして、以降の供養を打ち切る事が多いようです。

 

年忌法要早見表はこちら

 

一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌の各ご法要日のお気持ち※弊社をご利用頂きました直葬プラン一日葬儀プランを除く) ご遺族様には、一周忌・三回忌・七回忌の各ご法要日にお気持ちとして《生花ギフト券》を贈らせて頂いておりますが、ご不要の際は事前にお申し付け下さい。

 

 

 * 一周忌

 

・一周忌は、故人が亡くなられた日から丁度一年後の同月同日=祥月命日(ショウツキメイニチ)に執り行います。
 *この日をもって、ご遺族の喪中期間が終わります。
 *一周忌法要の準備として、日時・会場と会食会場を決め、ご親戚・故人と親しかった方々へ
  案内状をお送りします。

・式次第は、喪主または遺族代表の挨拶→ 読経→ 焼香→ 法話→ 会食と続きます。

 

 

葬儀・告別式の流れ 年忌法要


 
 ご位牌とお仏壇について
 

・中陰壇に安置する白木位牌は忌明け以降に本位牌となり、ご仏壇に安置します。
 また本位牌は、戒名等を入れるため早めに準備します。
 *本位牌には、塗り位牌や繰り出し位牌があります。
 *浄土真宗では位牌は用いません。
  ご住職に故人の法名を法名軸に書いて頂きお仏壇の中に掛けます。
・ご自宅にご仏壇がない場合、忌明け法要の前までに求めることが多いようです。
・新しいご仏壇は、ご住職に開眼供養(真宗では「おわたまし」)して頂きます。
 ※弊社では、仏壇・仏具の販売も致しております。

 
 四十九日法要(納骨)当日に必要な物
 
1.お骨  
2.白木位牌・新仏様位牌  
3.お線香  
4.祭壇お飾り用の供物 お菓子、果物
5.祭壇お飾り用の生花  
6.お塔婆料等  
7.御布施 *法要が済んでからお渡しするのが作法です。(5万円〜)
8.御車代 *出席頂いた方々に渡します。(1万円)
9.御膳料 *会食に出席しない方々に渡します。(5千円)
10.お引物  
11.石材屋作業員への心付け *納骨の作業前に渡します。(3千円〜)
12.その他の方々への心付け (3千円〜)
●霊園やお墓の立地によっては、蚊取り線香が有ると重宝します。
   お墓・預骨について
 

・新たな墓地(廟所)は、寺院・公営霊園・民営霊園の三種から選びます。
・同時に墓碑・墓石も求め、棹石に刻印する文字を決めます。
・お墓が整った後、僧侶に建碑式と開眼法要のお勤めをして頂きます。
・納骨式は、このとき同時に執り行うことが多いようです。
 *お墓が準備できるまで、ご遺骨を寺院・公営・民営等の納骨堂に安置することもできます。
  また永代に渡りご遺骨を管理する、納骨堂形式の室内墓所などもあります。
 ※弊社では、霊園・墓石店のご紹介を致しております。
  下記フリーダイアルにご連絡下さい。
 ※また、ご遺骨の一時預かり(預骨)・永代供養墓所のご案内も致しております。


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会