通夜・葬儀・告別式タイトル一般葬(個人葬)準備忌中・喪中・年忌法要葬儀後の手続き臨終と手続き
 

■■■通夜の流れ■■■

 通夜は遺族・近親者・友人・等々故人と親交が深かった方々が、
故人を偲び別れを惜しむ儀式です。

 

 

 * ご遺体の移動

 

・ご遺体を、祭壇設営時間前に安置所から式場に移動します。
 *当日に納棺の場合は、皆様に旅支度のお手伝いを頂き、出棺します。

 

 

 * 式場集合

 

・ご遺族関係の方々は、遅くとも開式約1時間前に式場にお集まりください。

 

 

 * 生花の確認

 

・祭壇にて、生花の芳名札の順番やお名前間違いがないか等を確認します。

 

 

 * お手伝いの方々・導師にご挨拶

 

・集合時間前においで頂くお手伝いの方々と導師(僧侶)にご挨拶します。
 弔問の受付について

 

 

 * 式場入場・開式説明

 

・葬儀社の係りが開式約15分前位に式場に案内し、式進行の説明をします。

 

 

 * 導師入場・開式

 

・導師(僧侶)入場後、司会者が開式の辞を述べて開式です。

 

 

 * 読経・ご焼香

 

・読経が始まり、喪主様より順にご焼香です。弔問者も順次ご焼香します。
 * 先に弔問者が焼香をする場合もあります。タイミングは葬儀社が案内します。

 

 

 * 読経終了・導師退場・閉式

 

・読経が終了し、導師(僧侶)退場後、司会者が閉式の辞を述べ閉式です。

 

 

 * お手伝いの方々・導師にご挨拶

 

・手伝いの方々にお礼のご挨拶をし、会計の方から香典を引き継ぎます。
・導師(僧侶)に、今日のお礼を述べます。
 *導師が通夜ぶるまいに出られない場合、食物祈詰めとお茶菓子の包みお渡しします。
  尚、導師へのお布施(心遣い)は最初にお渡しするのが礼儀です。

 

 

 * 通夜ぶるまい

 

・通夜ぶるまいの席に移動し、会食です。
 *通夜ぶるまいは、お清めまたはお斎(トキ)ともいいます。
 *喪主は挨拶などで、一通りお礼を述べて回る事が多いようです。

 

 

 * 翌日(告別式)の打ち合わせ

 

・告別式で読む弔電を選択します(お持ち帰り頂いても構いません)。
 *その際お名前の読み方を確認し、振り仮名をふり、読み上げる順番を決めます。
・告別式後の会食(精進落とし)に出られる人数を確認します。
・その他のご確認をします。 告別式当日迄のご確認事項リスト

↑プリントしてご利用ください

adobe
PDF書類が開かない場合、新しいバージョン↑をインストールしてください

 ※弊社では、告別式終了後の精進落とし(会席料理)のご用命も承っております。

 

 

 * 通夜ぶるまい終了

 

・会食を終了します。式場の撤収時間(片付け清掃時間)を配慮し終了します。

 

 

 * 宿泊・帰宅

 

・式場に泊まり、夜通し、祭壇の前で故人を偲びます。
・宿泊不可の式場では後片付けを考慮し、使用時間30分前には帰宅します。
 *近年消防法により、夜を通してのお灯明やご焼香ができず、従って宿泊できない
  式場もあります。

 

 


 

■■■葬儀・告別式の流れ■■■

 仏式に於ける葬儀は、ご遺族が故人の成仏をお祈りする儀式です。
また告別式は、ご遺族や故人と親しかった方が、
故人と最後のお別れを告げる儀式です。

 

 

 * 式場へ集合

 

・ご遺族関係の方々は、遅くとも開式約30分前に式場控え室にお集りください。

 

 

 * お手伝いの方々・導師にご挨拶

 

・集合時間前においで頂く、お手伝いの方々と導師(僧侶)にご挨拶します。

 

 

 * 式場に入場

 

・式場に、15分前に喪主・ご遺族・親戚・参列者の順に着席します。

 

 

 * 導師入場・開式

 

・導師(僧侶)入場後、司会者が開式の辞を述べて開式です。

 

 

 * 読経・焼香

 

・読経が始まり、喪主様より順にご焼香です。弔問者も順次ご焼香します。
 * 先に弔問者が焼香をする場合もあります。 タイミングは葬儀社が案内します。

 

 

 * 弔電披露・弔辞

 

・読経・焼香終了後、司会者(葬儀社)が弔電を読み上げます。
・弔辞をお願いした方に、述べて頂きます。

 

 

 * 閉式

 

・司会者が閉式の辞を述べ、閉式です。

 

 

 * 別れ花・石打ち

 

・ご葬儀後、お棺を祭壇から降ろします。
・ご遺族とごく親しい縁者の方がお棺を囲み、
 ご遺体の周囲にお供えの花(別れ花)を棒げます。
・お棺を閉じた後、石打ち(釘打ち)します。
 * 石打ちは小石でお棺に釘を打つことですが、近年少なくなっています。

 

 

 * ご挨拶

 

・喪主代表者から、会葬者にお礼の挨拶を述べます。

 

 

 * 出棺・見送り

 

・お棺は。霊柩車までご遺族や親しい方の手で運びます。
 *喪主はお位牌、ご遺族の一人が遺影を持ちます。
・お棺を霊柩車に乗せた後、喪主(または親族代表)は
 参列者に感謝の言葉、お礼を述べます。
 *ご遺族は、挨拶の間お位牌や遺影を胸あたりに掲げ、参列者の方へ向けます。
・喪主、ご遺族、故人と近い関係の方の順に分散乗車し、火葬場へ向かいます。
 *火葬場へは、憎侶にご一緒して頂くことが多いようです。
 *火葬場に同行して頂く人数・迎車の必要性の有無などは、事前に確認しておいてください。
 *留守役は、遺骨迎えと中陰壇の準備をします。遺骨迎えと中陰壇について

 

 

 * 斎場到着・納めの式・火葬

 

・お棺を、斎場(火葬炉)の係りの方が霊柩車から降ろします。
・お棺を火葬炉に移す前に、喪主は係員に火葬(埋葬)許可証と心付けを渡します。
・その後、納めの式(故人との最後のお別れ)を行います。
 *僧侶が同行されている場合は、読経を勤めて頂きます。
・火葬します。火葬中に今一度焼香をして、控え室に移動します。
 *火葬には一時問から二時間を要します。
 *火葬係員以外の心付けの必要な方々へは、適宜、葬儀社の方からお配りして頂けます。

 

 

 * 待ち

 

・控え室で、お茶やお茶菓子・お酒などを頂き、時間まで待ちます。

 

 

 * 収骨(シュウコツ)

 

・収骨(骨あげ)作法には、二人一組で一つのご遺骨を拾い骨壷に納める作法と、二人のうち一方がご遺骨を拾いあげてもう一人の方へと渡し、その方がご遺骨を骨壷へと納める作法とがあります。いずれの作法も係員の指導に従い、喪主から順に故人と縁の深い方、次にそのほかの方と、一組づつご遺骨を拾い上げていきます。
 *宗旨宗派、地域により異なる場合があります。

 

 

 * 骨壷・埋葬(火葬)許可証の受け取り

 

・収骨の後、骨壷と火葬済み証明印のある埋葬許可証を係員が手渡してくれます。
 *葬儀の準備にて分骨をご希望されたご遺族には、骨壷を複数手渡してくれます。
 *埋葬許可証は、納骨の際に必要となりますので、骨壷と一緒に大切に保管します。

 

 

 * 繰り上げ初七日

 

・葬儀式場に戻り、初七日法要を行います。
・初七日は、葬式後の大切なご供養で、僧侶にお経をあげて頂き、
 故人のご冥福を祈ります。
 *初七日は亡くなられてから七日目に行う法要ですが、
  近年、葬儀と連続して行なわれ、繰り上げ初七日と呼ばれます。

 

 

 * 会食(精進落とし)

 

・繰り上げ初七日終了後、精進落としの席に移動します。
・喪主が親族に対し、お礼の挨拶を述べます。
・献杯の声を掛け、会食をします。
 *ご葬儀後、ご遺族からお世話になった方々への慰労と感謝の会食で、お斎(トキ)と言い
  精進料理の意を含めて用います。
 *ご遺族は、忌明けまで故人への供養として酒や生ものを口にしないお勤めをし、
  精進を終える日に、精進落とし(精進あげ・忌中払い)の会食を催します。
 *近年、葬儀後や初七日法要の会食を精進落としの席とする事が多くなっています。

 

 

 * 会食(精進落とし)終了

 

・式場利用時間を把握し、精進落としを終了します。
・ご葬儀終了に際し、お世話頂いた方々にお礼を述べ引き継ぎ等を確実に行います。
1.会計係などの方々から、受け取るもの。
 *香典と香典袋・香典や供物の控帳・.弔辞文と弔電・芳名帳・名刺・会計記録帳と
  残金・立替え払いの精算・忘れ物等々

2.領収証の整理。
 *病院への支払い・ご臨終からご葬儀に関わる全ての領収証(または詳細メモ)
3.僧侶とご親戚の方との問で、四十九日法要や納骨日時などについて相談します。

 

 

 * 帰宅

 

通夜、葬儀・告別式のスナップ撮影とアルバム ※弊社では、葬儀式典の写真撮影とアルバムをサービスさせて頂いておりますが、ご不要の際は事前にお申し付けください。

 

一般(個人)葬打ち合わせ事項 葬儀・告別式の流れ


   弔問の受付について
 

・受付係は、弔問客に芳名帳へのご記帳をお願いし、祭壇部屋へとご案内します。
・喪主・親族は、弔問に訪れた方々にお礼を申し述べます。
 *弔問の際、受付係りは会葬返礼品・会葬礼状及び清め塩をお渡ししますが、清め塩は、
  「ご遺体は不浄にあらず、清める必要は無い」として配らない
宗派もあります。

 
 遺骨迎えについて
 

・留守居役は、お棺を見送った後遺骨迎え(部屋整理・お清め)の準備をします。お清めは、火葬場から帰宅のご遺族や縁者の方々が、玄関先で塩と水で体と手を清める作法のことです。
 *家の入り口にまいた塩の上を踏んで家に入る場合や、塩を使わない場合もあります。
 *地域・宗旨宗派により異なります。

 
 中陰壇について
 

・留守居役は、ご遺骨お迎えのため中陰壇の準備をします。中陰壇は火葬場から帰られたご遺骨を安置する祭壇ですが、小机を白布で被い、お骨飾りする場合もあります。なお中陰壇は、後飾り、お骨飾りともいいます。
 *ご遺骨・白木位牌・遺影を安置し、線香・ローソク・供物などを添えます。


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会
葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ