危篤・臨終タイトル一般葬(個人葬)準備通夜・葬儀・告別式忌中・喪中・年忌法要葬儀後の手続き
 

■■■ご危篤・ご臨終■■■

 

 

 ● ご危篤

 

・常に連絡の取れる状態にしておきましょう。
・万一に備え、連絡内容と連絡先をメモしておきましょう。

 

 

 * ご臨終

 

・医師から、ご臨終の旨を伝えられます(法的死亡の確認)。
・看護婦さんが、様々な処置をしてくださいます。*

 

 

 * 末期の水

 

・末期の水(マツゴノミズ)は、新しい筆などの穂先・割り箸等の先に、白糸で巻き付けた脱脂綿やガーゼ等に茶碗の水を浸し、故人の唇を湿らせることです。故人のご家族→ ご親戚→ 親しい友人の順に行います。

 

 

 * お清め(清拭・湯潅)

 

・ご遺体の全身をアルコールやお湯で丁寧に拭き、耳・鼻・肛門などに綿を詰めてお清めしますが、清拭(セイシキ)ともいいます。ご遺体をお湯につけてお清めする湯潅(ユカン)は、近年少なくなりました。
・また髪を整えて爪も切り、男性は髭を剃り、女性は薄化粧をして逆さごとの儀礼にて浴衣に着替えます。
 *病因死亡の場合、故人を霊安室まで移動してくれます(霊安室がある場合)。
 *霊安室でお線香などをあげられる病院もありますが、火気を扱うので禁止の病院もあります。

 

 


 

■■■ご臨終直後に遺族が行う手続き等■■■

 

 

 * 1・死亡診断書の受取・死亡届・(ご遺体搬送)

 

・医師より死亡診断書(不慮の事故の場合は死体検案書)を受け取ります。
 *病因死亡の場合、退院手続きをします。
・死亡診断書を役所へ提出し(死亡届)、火葬(埋葬)許可証を交付してもらいます。
 ※弊社で提出代行致しております(基本役務)。ご自身で届出る場合はこちらをご覧ください。

adobe
PDF書類が開かない場合、新しいバージョン↑をインストールしてください

 *病院死亡の場合、葬儀社に連絡してご遺体を搬送しますが
  「病院出入り業者でなければダメ」ということはありません。
 *信頼できる葬儀社を選びましょう。知人や近所の方にご紹介頂くのが最良です。
 ※弊社では、24時間、寝台車にて病院にお迎えに伺います。
 ※ご自宅で安置できない場合、弊社にて一時安置する事も可能です。

 

 

 * 2・葬儀社と打ち合わせ

   *詳細は、一般葬(個人葬)の準備をご覧下さい。

 

 

 * 3・ご安置・枕飾り・忌中札・神棚封じ 

 

・ご遺体は北枕(または西枕)にして安置し、ドライアイス処置し、顔を白い布で覆います。
・傍に白木の台または白布を掛けた小机を置き、線香・ローソク・花等を供えた枕飾りをします。
・地城・宗旨宗派により、逆さ屏風を立て(逆さごと)、魔除けの守り刀を置く場合もあります。
忌中札を掲げ、神棚封じをします。

 

 

 * 4・寺院(神社・教会)に連絡

 

・ご逝去された方のお名前・お通夜の日時・会場などを連絡します。
・僧侶に枕経をあげて頂きます。
 ※弊社では、菩提寺のない方々や僧侶をご存じない方々の為に、ご紹介も致しております。
  仏式宗派ご参考

 

 

 * 5・親戚・友人・会社関係・町内会等々関係者に連絡

 

 *連絡内容はメモ書きにしておくと良いでしょう。
 ※弊社では、新聞の訃報記事の掲載手続きも行っております。

 

 

 * 6・お手伝い頂ける方々の決定

  ・お通夜・ご葬儀の進行を円滑に行うため、早めに決めましょう。
 *お手伝い頂く内容には、
  お寺様係り・受付・案内・会計・携帯品預かり・接待・調理・車両誘導などがあります。

 

 

 * 7・葬儀の準備にかかります。

 

臨終ページ 一般葬(個人葬)


   逆さごとについて
 

・ご逝去後の儀礼として日常の慣習を逆にする作法があり、それらを逆さごとと呼びます。浴衣を左前に着せたり、油灌の際の逆さ水(水にお湯を注いで湯温を調整)、逆さ屏風などがあります

 
 忌中札について
 

・ご自宅の表には、忌中札(紙)を掲げます。
・ご自宅以外でお通夜・ご葬儀を行う場合でも、神棚封じすると共に掲げます。
 *近年は、泥棒に空家の日時を悟られるとして、忌中札を略す場合もあります。
 *忌中札は、忌明け(四十九日)が済むまで、掲げておきます。

 
 神棚封じ(神棚隠し)について
 

・神棚や台所の荒神様に白い紙を貼り、お茶・お水・榊・灯明などは控えます。
 *同時に派手な絵や額・置物も片付けますが、ご遺体をお迎えする迄に済ませておきましょう。
 *ご自宅でお通夜を行う場合は、祭壇を設ける部屋を決めて各室内などを整理し、
  弔問客をお迎えしましょう。
 *なお神棚封じは忌中札と同様、忌明け(四十九日)が済むまでそのままにしておきます。

 
 枕経について
 

1・仏式では、枕飾りの後、僧侶にご遺体の枕元で枕経をあげて頂き、皆様でお線香をあげます。
 *数珠などのご用意をお忘れなく…。
2・戒名・法名・法号を僧侶に決めて頂きます(故人が生前に頂いていない場合)。
 *一般的に、戒名・法名・法号は、枕経から納棺までの間に僧侶が決めます


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会