香典金額・書き方・ふくさの包み方/郵送
 
 

香典金額・書き方・ふくさの包み方/郵送

 

●香典金額の目安

 

現在のお香典金額の目安は両親10万円、兄弟5万円、親戚1万円。職場上司や同僚・近所の方・友人の場合は5,000円くらいが多いようです。但し、血の繋がりや故人とのお付合い程度によって異なります。また、「あらかじめ用意していた」と感じさせないよう新札は避けましょう。

なお、通夜と葬式の両方に参列する場合、通夜に持って行く方が多いようです(不幸の重複を避けるためどちらか一方でよい)。

 

 

●香典袋の書き方

 

水引は、端を引っ張ると輪が締まる「結び切り」を用います

香典袋の書き方は、受付の方がその場で、或いは遺族の方が後で整理し易いように書くことが「心遣い」というものでしょう。住所や氏名の難しい方は仮名をふるとか、見易いように書き、また金額も中包みにはっきりと記載することがポイントです。

お札は、印刷された人物の顔が裏の下に来るように中包みに入れます。上包みは上の折り返しが外側になるよう(目を伏せて悲しみを表現)に畳みます。

葬儀の際の表書き
四十九日法要後の表書き
香典の金額・書き方1 香典の金額・書き方2
香典の金額・書き方3
御霊前》と書きますが
浄土真宗は《御仏前》と書きます
宗派がわからない場合
御香典》《御香料》と書く場合もあります
御仏前》と書きます
御供物料》と書く場合もあります
白黄の水引を用いる地方もあります

●二人で一緒に包む場合、名前を並べて書きます。
●グループで包む場合は、半紙等に全員の名前を書いて中包みに入れ、
 表書きには所属グループ名だけ書きます。

※=不祝儀および、一度きりの祝儀(結婚や快気祝い等)には《結び切り》を、
何度あってもよい祝儀(出産・入学・長寿等)には輪が解ける《花結び》を用います。

 

 

●ふくさの包み方と香典袋の渡し方

  ●ふくさの包み方
香典袋は「ふくさ」に包んで持参します。弔事のふくさは黒・緑・紫・灰色があり、左に開くように不祝儀袋を包みます。
ふくさの包み方1 ふくさの包み方2 ふくさの包み方3 ふくさの包み方4 ふくさの包み方5
●香典の渡し方
「ふくさ」から香典を取り出します。
ご霊前に供える場合
受付の方に渡す場合
香典のだし方1
表書きが自から読める方向にして供えます
香典のだし方2
係りの人が読める方向にして渡します

 

●通夜・告別式とも出席できない場合

 

現金書留》で郵送します。この際、現金を香典袋に入れて現金書留用の封筒に入れますが、欠席理由と故人を偲ぶ一文を添えると、お心遣いが伝わります。

 


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会