夜/葬儀・告別式の服装とマナー
 
 

通夜/葬儀・告別式の服装とマナー

 

●仮通夜の服装

 

仮通夜の服装は、地味な平服に黒めの靴下が良いでしょう。訃報を聞き急いで弔問に駆け付けるのですから、平服の方がむしろ自然に見えます。

 

 

●仮通夜のマナー

 

仮通夜は逝去された夜に、遺族だけで故人と一緒にすごす時間であると同時に、式の準備等で慌ただしく哀しみに暮れ、また精神的に疲れています。故人と余程親しかった場合を除き、簡単なご挨拶で留めて失礼します。仮に体面を勧められても、長居は避けましょう。

本通夜までのご遺体との対面は、大変親しくされていた方で、ご遺族から「是非一目対面を」と請われた場合に留め、その場合次のように対面します。


・まずご遺体の枕元から少し下がった位置に立ちます(正座します)。カッコ内=畳の場合
・一礼後、遺族が顔の白布を外したら(膝をつけたまま)近づきます。
・対面後合掌してもう一度一礼し、ご遺族にも一言添えて一礼します。

 

 

●本通夜の服装

 
通夜/葬儀・告別式の服装とマナー1
通夜/葬儀・告別式の服装とマナー2

本通夜の服装は、男性はダークスーツに黒ネクタイと靴下、女性は黒または地味な色のスーツもしくはワンピースと黒靴が望ましいでしょう。
また黒であっても、光沢性のものは男女・和洋装を問わず避けるべきです。故人が特に親しい間柄でない場合、黒めの平服でもかまいません。

 

 

●本通夜のマナー

 

本通夜の焼香後、通夜振る舞いに誘われたら、喪家のお心遣いに応えるためにも、断らず一口でも良いので箸をつけますが、あまり長居しないのがマナーです。

※:近年、式場では消防規制などで夜通しローソクやお線香を灯す事が難しくなっており、
  通夜に於いて柩を守るのは近親者に限られているようです。

 

 

●葬儀・告別式の服装

 

葬儀・告別式では一般会葬者は礼服で参列しますが、その他の場合、上記の通夜の服装と同様で結構です。

 


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会