お彼岸法要とは
 
 

お彼岸法要とは

お彼岸とは、サンスクリット語(仏教発祥地インドの言語の一つ)の、パーラミター(波羅蜜多)を訳した言葉です。

また仏教では、お彼岸は悟りの世界を意味し、煩悩に満ちたこちらの岸に対して極楽浄土の向こう側の岸(=彼岸)を表し、毎日心がけて六波羅蜜の教え※1を実行する事により、その「極楽浄土へ渡れる」とされています。

しかし我々凡人は日頃忙しく、この有難い六波羅蜜の教えの毎日の実行は難しいので「せめて年に2回、春と秋くらいはその教えを実行しましょう」というのが、現在のお彼岸法要の意味となっています。

従ってお彼岸には、必ずご家族揃ってご先祖様のお墓にお参りし、感謝と冥福を祈ると共に、是非この教えを実行したいものです。

※1: 布施・ふせ :他人へ施しをしましょう
  持戒・じかい :戒律を守り反省しましょう
  忍辱・にんにく :不平不満を言わず耐え忍びましょう
  精進・しょうじん :一所懸命努力しましょう
  禅定・ぜんじょう :心を静かに保ちましょう
  智慧・ちえ :真実を見抜く智慧を働かせましょう

 

●お彼岸のご供養

 

お彼岸には、できるだけ家族そろってお墓参り※2しましょう。

墓石をきれいに洗い、周囲も掃除して線香や花をたむけ、お菓子やお酒などの故人が生前好きだった物もお供えします。そして桶から水をすくって墓石の上から掛け(お布施の一つ)、各宗派のご真言をとなえて合掌礼拝します。

またお彼岸の期間、お寺では「彼岸会法要」が営まれ、読経供養や法話などが行われます。お墓参りの際は、本堂ご本尊へお参りし、ご住職へご挨拶の後、行事に参加してご供養をお願いします。

一方家庭では仏壇を掃除し、お花、果物、それに牡丹餅やお萩※3、お彼岸団子などをお供えします。

※2: お墓参りに準備するもの
数珠・線香・ローソク・マッチ・花・菓子(牡丹餅やお萩)・果物・
たわし・ほうき・雑巾の他、蚊取り線香など周囲環境に適した用具。
なお、水桶・柄杓は、準備してあるお寺さんや霊園が多いようです。
*お供物はカラス・野犬対策として、お参りが済んだら片付けるのがマナーです。
※3: どちらも蒸した餅米を、あんこやきな粉でくるんだ同じお菓子ですが、
季節の花にあわせて、春は「牡丹餅」秋は「お萩」とよばれています。

 


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会