お悔やみの述べ方・弔辞の書き方・弔電
 
 

お悔やみの述べ方・弔辞の書き方・弔電

 

●お悔やみの述べ方

 

お悔やみの挨拶は、余計なことを言うと差し障りがでる場合もありますので、一般的で当たり障りのない内容とし、ご遺族の気持ちも察して短く済ませましょう。また挨拶時に病状等をしつこく聞くのも失礼にあたります。

 

 

●弔辞の書き方

 

弔辞用紙弔辞は頼まれたら断らずに引き受け、奉書紙に書きます。弔辞は喪家に保管されますので、心を込めて自分の言葉で書きます。起・承・転・結でまとめるのもポイントです。

《弔辞要点の例》
・起:逝去された悲しみを述べます。
・承:大げさでない程度に、故人の業績や人柄をたたえます。
・転:私に出来る事があれば手伝いたいと遺族を励まします。
・結:故人の冥福を祈る文で結びます。
・記載日付、肩書きと名前をお忘れなく。
・文末から、或いは蛇腹状に折ります。
・奉書で包み、表に「弔辞」と書きます。

 

 

●弔電を利用

 

葬儀に出席できない場合のお悔やみは、電報を利用します。電話でのお悔やみは、喪家では葬儀準備等で忙しく、また様々な連絡に使用せねばなりませんので控えるべきでしょう。

 


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会