お盆法要と新盆
 
 

お盆法要とは

お盆は正式には《盂蘭盆会》と言い、サンスクリット語(仏教発祥地インドの言語の一つ)の、ウラバンナの読みを漢字にしたものです。

お盆は《盂蘭盆経》の中の親孝行の大切さを説いた教え※1に基づくもので、旧暦の7月15日に、先祖の恩に報いて感謝し、供養する日になったと伝えられています。

その後、日本に伝わったお盆の風習は様々に変化し、現在では「その日は先祖の霊魂が帰ってくる※2日で、家族と一緒に過ごす期間」とされ、また8月15日を中心に月遅れのお盆※3を行う家庭が多くなりました。

※1:むかし目連尊者が、亡き母が餓鬼道に落ちて逆さ吊り(ウラバンナ)にされている事を知ってお釈迦様に相談すると、「多くの人々に施しをする事により母親は救われる」との教えを授かります。彼はそのお教えに従い、修行期間明けの7月15日に多くの僧侶達に飲食物を捧げて供養すると、母親はその功徳によって極楽往生が遂げられました。

※2:浄土真宗では霊魂が帰って来るとは考えません。

※3:旧暦の7月15日は農家が最繁忙期で都合が悪く、会社も同時期に労働者が家庭に戻れる様に夏休みをシフトし、家族全員でご先祖様のご供養が出来るようにしたものです。

 

 

●精霊棚

 

精霊棚は盆棚とも言われ、位牌を安置してお供えをする棚です。ご先祖様の霊は荷を牛に引かせ、馬に乗って移動するという言い伝えから、茄子の牛や胡瓜の馬も供えます。精霊棚は13日の朝に準備する地方が多い様です。

 

 

●精霊迎え・精霊送り

 

精霊迎えは、13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参りして先祖の霊を迎える事を言います。この時に霊が迷わず帰ってこられるようにご自宅で焚くのが《迎え火》です。
精霊送りは、16日にお盆を一緒に過ごした祖先の霊を送り出すことを言います。この時に《送り火》を焚きますす。

※:地方や宗派により違いがあり、正しくは菩提寺のご住職にお尋ねください。

 

 

●新盆

 

新盆提灯新盆とは、故人の四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆の事で、毎年のお盆よりも丁重に供養します。地方によって異なりますが、新盆の時だけ何も絵柄のない白張提灯を使い、送り火と一緒に燃やしたりします。一方、毎年のお盆には秋草模様などを描いた提灯を使います。

※弊社をご利用頂きました(直葬プラン一日葬儀プランを除く) ご遺族様には、忌明けが過ぎてお盆が近付きましたら、お気持ちとして《新盆提灯》を贈らせて頂いておりますが、ご不要の際は事前にお申し付けください。

 


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

葬儀・葬祭・葬式の東洋博善株式会社

東京都を中心に、お世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会