神葬祭(神道・神式葬儀)東京都(杉並・中野・練馬・世田谷・豊島・新宿・渋谷)タイトル
 

神葬祭(神道・神式葬儀)と法要・法事の流れ(概略)
香典の表書き

神葬祭(神道・神式葬儀)は神社では行わず
必ず式場に神主さんをお呼びして執り行います
神葬祭(神道・神式葬儀)プランはこちらをご覧ください。

 

 

 * ご逝去

  ・ご逝去後に末期の水をとり、お清めをして死化粧を施し、浴衣を着せます
・ご自宅では神棚を封じ、表には喪中札を掲げます
・ご遺体を北枕に安置して、顔を白布で覆います。
祭壇・棺・その他の準備をします。
・神衣(カムイ=白装束)を施し、納棺の儀・柩前日供(キュウゼンニック)の儀を行います。
 *ご遺族が行う手続きご葬儀の準備はおおむね仏式と同様です。
 *柩前日供の儀=遺族が、納棺から出棺までの毎朝夕、故人が生前好んだ食べ物を、
  生前使っていた食器・箸を用いて供え、拝礼する儀式。

 

 

 * 通夜祭・還霊祭

 

・式次第は、手水(チョウズ)の儀→ 斎主着席・喪主着席→ 献饌(ケンセン)→ 祭詞奏上→ 玉串奉奠(タマグシホウテン)→ 斎主拝礼→ 一同退出です。
・還霊祭(センレンサイ)で、故人の霊を霊璽(レイジ)に遷し鎮めます。
 *還霊祭までの儀式は、霊魂が再び帰り来て蘇生することを祈ります。
 *還霊祭詞奏上が、最も重要な式次第です。
 *霊璽=仏教で言うところの位牌に相当します。

 

 

 * 葬場祭(葬儀・告別式)

 

・式次第は、手水の儀→ 斎主・喪主着席→ 献饌→ 祭詞奏上→ 誄歌(ルイカ)奏楽→ 玉串奉奠→ 斎主拝礼→ 一同退出です。

 

 

 * 発柩祭(ハッキュウサイ)〜会食

 

・近親者らが、霊柩を霊輿(レイヨ=柩をのせるみこし)に移します。
・以降、祓いの儀→ 火葬祭→ 埋葬祭→ 帰家祭→ 会食=直会(ナオライ)と続きます。

 

 

 * ご葬儀後の法要

 

・神式では、霊前祭と式年祭とに分かれます。

名称
ご命日から数えて
十日祭 十日目
二十日祭 二十日目
三十日祭 三十日目
五十日祭 五十日目(忌明け)
 ■霊前祭(忌中・喪中)
・霊前祭は翌日祭→ 十日祭→ 二十日祭→ 三十日祭→ 四十日祭→ 五十日祭(忌明けの儀式)→ 清祓いの儀(キヨメハライノギ)→ 合祀祭(ゴウシサイ)そして、百日祭と続きます。
 *近年、五十日祭と、清祓いの儀、そして合祀祭を同日に執り行うことが多いようです。
 *清祓いの儀とは清めの儀式で、儀式終了後に神棚封じをはずします。
 *合祀祭とは故人の霊璽を御霊舎(ミタマヤ)に移し、霊璽が祖先の霊と一緒になる儀式です。
 *神式に於ける忌中とは、五十日祭の忌明けまでの期間です。
 *また喪中の期間は、仏式同様に、故人が亡くなられてから1年後の命日までです。
 *喪に服する期間、ご遺族は、慶事・祭礼などへの出席を差し控えます。
 *お香典返しは、三十日祭か五十日祭に行なうことが多いようです。

神葬祭(神道・神式葬儀)のお気持ち ※弊社をご利用頂きましたご遺族様には、
  五十日祭の忌明けが近付きましたら、
  お気持ちとして《生花ギフト券》を贈らせて頂いております

 

 

 ■式年祭
・式年祭は一年祭 → 三年祭 → 五年祭 → 十年祭 →(十五年祭)→ 二十年祭→(二十五年祭)→ 三十年祭 → 五十年祭 → 百年祭と続きます。
 *教派・地域の相違により、異なることがあります。

 

 

 ●香典の表書き

 

神葬祭(神道・神式葬儀)の香典●神式では、銀の水引を使います。
●玉串を霊前に供えますので《御玉串料》と書きます。
 又は《御神前》や《御榊料》と書く場合もあります。


(年中無休・24時間受付)フリーダイヤル:0120-140-747(携帯・PHS可)

神葬祭(神道・神式葬儀)の東洋博善株式会社

東京を中心に、神葬祭(神道・神式葬儀)のお世話をお世話させて頂いております

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-34-1
電話:03-3380-3117 FAX:03-3380-3921

 

葬儀・葬祭・葬式:無料事前相談の東洋博善
葬儀・葬祭・葬式:受付
葬儀・葬祭・葬式の東洋博善
仏式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)の流れ
キリスト教式葬儀の流れ
神葬祭(神道・神式葬儀)
*
無宗教葬・音楽葬・生前葬・散骨
社葬・団体葬
永代供養・預骨
喪服レンタル
香典返し・法要引き出物・会葬返礼品
仏壇・仏具・神具販売
生前の事前相談など
仏事の知識・作法・マナー
神道・神事の知識・作法・マナー
ペット葬儀のご相談
東洋博善イメージ
立正佼成会会員プラン家族葬/密葬:直葬家族葬/密葬:一日葬儀家族葬/密葬家族葬団体葬・社葬・偲ぶ会・お別れ会